投稿日:

ザイザルのジェネリック医薬品と個人輸入で花粉症の治療費を抑えられる

ジェネリック医薬品はザイザルと同じ効果でより安価

ザイザルは花粉症治療薬の1種です。抗ヒスタミン薬に分類され、主成分としてレボセチリジン塩酸塩が含まれています。ヒスタミン受容体の働きを阻害することで、鼻水や鼻づまり、湿疹、皮膚炎などのアレルギー症状を緩和する効果があります。

ザイザルは、「グラクソ・スミスクライン」という製薬会社が製造、販売しています。一方、他の製薬会社からは、ザイザルと同じ効果で、より価格の安いジェネリック医薬品が販売されています。費用を抑えたい人は、ジェネリック医薬品がおすすめです。

ザイザルとジェネリック医薬品の違いは、含有されている有効成分の分量に僅かな差がある程度です。効果はザイザルと変わりません。また、ザイザル同様、副作用が起こる頻度は低く、安心して使うことができます。

有名な製品として、インドのシプラ社の「レボリッド」やトルコのサンタファーマ社の「クレブロス」などがあります。

ザイザルは花粉症が治まるまで使う薬!個人輸入で買って常備しておくと◯

ザイザルをはじめとする抗ヒスタミン剤は、発症したらすぐ服用することが大切です。服用が遅れると、効果が十分に発揮されない可能性があります。

ザイザルはドラッグストアでは販売されていないため、医療機関で処方を受ける必要があります。しかし、一度にもらえる薬の量には限りがあります。花粉症の症状が長引き、薬を長期間使う場合、薬が切れるたびに病院に行かなくてはいけません。

忙しくて病院に行けず、ザイザルの服用を中断してしまうと、花粉症の治療が遅れてしまう恐れがあります。病院に何度も行く時間がない人や、診察料がかさばると金銭的に不安、という人は、個人輸入代行サイトを利用するとよいでしょう。

個人輸入代行サイトでは、日本国内では流通していないジェネリック医薬品を購入することもできます。薬をまとめ買いしておき、常備しておけば、何度も病院に通う手間が省けます。

投稿日:

花粉症は薬で治せる

治療薬を使えば再発も防げる

花粉症は再発しやすい病気です。しかし、根気よく治療を行えば治すことができます。

花粉症は、季節性のアレルギー性鼻炎です。一般的に春の病気と思われがちですが、秋に発症することもあります。春のスギやヒノキだけでなく、秋のヨモギやブタクサなども原因となるのです。秋の花粉症は、花粉症と気づかないこともあるので、注意が必要です。

人体には、侵入してきた異物を排除しようとする免疫機能が備わっています。アレルギー反応が起こると、免疫機能が過剰に反応します。免疫機能を過剰反応させる物質がアレルゲンです。花粉はアレルゲンの1種で、体内に入ると、人によっては免疫反応が過剰に起こり、様々なアレルギー症状が起こります。

花粉症は、一旦治っても再発することがありますが、しっかりと対策を講じれば防ぐことができます。くしゃみや鼻水、鼻づまりなどの症状が現れた場合には、専門家である医師に相談するのが賢明です。治療薬として、ザイザルなどの抗ヒスタミン薬が処方されます。

ザイザルを長期間使う場合は医師に相談する

ザイザルは、レボセチリジン塩酸塩を主成分とする抗ヒスタミン剤で、花粉症の治療などに使用されます。アレルギーによって引き起こされる様々な症状を改善できる医薬品です。花粉によるアレルギー性鼻炎の他にも、蕁麻疹や湿疹・皮膚炎、皮膚の痒みなどに効果があります。

服用期間は特に定められていません。症状が完治するまで使用します。しかし、長く使い続けると、肝臓などに負担をかける可能性があります。

症状が改善しない場合、または予防目的のために長期的に飲み続ける場合には、病院で定期的に肝機能検査を受ける必要があります。ひどい倦怠感や吐き気、皮膚や白目が黄色く変色するなどの症状が現れた場合には服用を止めて、医師と相談しましょう。

ザイザルは、基本的に副作用の少ない安全な薬です。成人も子供も服用できますが、腎臓や肝臓に問題がある場合は服用量や服用回数を減らす必要があります。正しい服用方法を守れば、アレルギーによる様々な症状を和らげることができます。