花粉症の仕組みを知ろう

身体が花粉に敏感に反応してしまうのが原因

花粉症になると、鼻水が止まらなくなったり、喉が痛くなったりと、辛い症状が続きます。

基礎知識として花粉症が起こる仕組みを知れば、予防に役立つでしょう。

花粉症は、特定の人にしか症状が出ません。特定の人とは、身体の免疫機能が、花粉に強く反応しすぎてしまう人のことです。

そのような人の場合、花粉が目や鼻に入ると、体内のリンパ球がそれを「身体に悪い異物」だと判断してしまいます。リンパ球が花粉を異物だと判断すると、抗体がつくられ、ヒスタミンという物質が分泌されるようになります。

抗体ができたあとに再び花粉が体内に入ると、それを排除するためにヒスタミンが働き、炎症が起こります。その結果、かゆみや涙が出るようになるのです。場合によっては発熱も起こります。ただし、発熱はよほど花粉に敏感な人でないと起こりません。

花粉症にならないためには、根本的な治療が必要です。また、治療をはじめてすぐに完治するものではありません。そのため、マスクを着用するなど予防策をとることが重要です。

花粉症の対策

花粉症になると、鼻水や目のかゆみ、のどの痛みが起こります。花粉症は、薬を飲んで炎症を抑えることで、症状を和らげることができます。花粉症の症状が辛ければ、薬を使って対処しましょう。

花粉が飛散する時期は、衣服に花粉が付着します。それらを吸い込んでしまわないよう、帰宅時には服についた花粉をしっかり払いましょう。

鼻うがいは、花粉症の発症を防ぐのに効果があります。鼻の中を水で洗うことで、花粉を洗い流せます。

ザイザルの効果と飲み方

ザイザルはアレルギーを抑える抗ヒスタミン薬です。

アレルギー症状には、ヒスタミンという体内物質が関係しています。ザイザルの有効成分であるレボセチリジン塩酸塩は、ヒスタミン受容体の働きを抑え、アレルギー症状を緩和する効果があります。花粉症だけではなく、ダニやハウスダストによる鼻炎や蕁麻疹、湿疹やかゆみにも効果的です。

サイザルは「対症療法薬」に分類されていいます。アレルギーの原因そのものに働きかけるのではなく、症状を抑えるのです。

サイザルには錠剤とシロップがあり、服用方法が異なります。

錠剤の場合、成人は1日1回5mg、または10mgを、就寝前に飲みます。7歳以上15歳未満の子供の場合、1日2回、2.5mgを、朝食後と就寝前に飲みます。

シロップは大人の場合、1日1回10ml、または20mlを就寝前に飲みます。10mlのシロップに含まれるレボセチリジン塩酸塩は5mgです。6ヶ月以上1歳未満の子供は、1日1回、2.5mgを飲みます。

1歳以上からは、服用回数は1日2回に増えます。用量は、1歳以上7歳未満の子供の場合は2.5mg、7歳以上15歳未満の場合は5mlです。いずれも、朝食後と就寝前に飲みます。

ザイザルの価格と購入方法

病院でサイザルの処方を受ける場合、錠剤の1錠あたりの価格はおよそ87.8円です。また、シロップの価格は10mlあたり163円です。10mlのシロップには、レボセチリジン塩酸塩が5mg分含まれています。

価格の面では、錠剤の方が費用が抑えられます。一方シロップは、錠剤よりも飲みやすいという特長があります。また、錠剤と違い、7歳未満の子供でも飲めるのもメリットです。

サイザルは市販されておらず、購入には病院で処方を受ける必要があります。一方、通販サイトを利用して、海外から個人輸入することもできます。

通販サイトでジェネリック医薬品を購入すれば、病院にいくよりも費用を抑えられます。サイザルのジェネリックは、5mgの錠剤が1箱に20錠入っています。価格はおよそ1500円です。1錠あたりの価格は約75円です。

通販サイトで薬を買う場合、重い副作用が起こっても保証制度が適用されないので注意しましょう。

安全に花粉症の治療をしたい場合は、病院で医師の診断を受けるのが確実です。通販サイトを利用すれば、安全上のリスクがありますが、費用を抑えることができます。